メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PGA Tour

[速報]小平は通算9アンダー41位タイでフィニッシュ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

シュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレン・オープン 最終日

PGAツアー第6戦 シュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレン・オープン/ネバダ州 TPCサマリン

 ラスベガス(ネバダ)で開催されたシュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレン・オープン。日本人選手は小平智が出場した。小平は通算9アンダー41位タイでフィニッシュした。

MORE:シュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレン・オープンの最新スコアはここをクリック!

 小平は通算7アンダー40位タイで最終日を迎え、この日は10番ホールからスタート。16番パー5でバーディを先行させたが、17番パー3でボギーを叩き、前半をイーブンパーで折り返した。

 後半に入ると、1番パー4でバーディを加えた。5番パー3をボギーとしたが、7番パー4と9番パー5でバーディを取り返した。

 結局、この日のスコアは4バーディ、2ボギーの2アンダー69。通算9アンダー41位タイで今大会を終えた。

ブライソン・デシャンボーが通算21アンダーまでスコアを伸ばし、ツアー通算5勝目を挙げた Photo by Mike Ehrmann/Getty Images

 優勝したのはブライソン・デシャンボー(米国)。通算16アンダー首位タイで最終日を迎え、5アンダー66でプレー。通算21アンダーで勝利し、出場選手の中で世界ランキング最上位(6位)の貫禄を見せた。

 首位と1打差の通算20アンダー2位に、前年覇者のパトリック・カントレー(米国)が入った。終盤まで優勝争いに加わったが、17番パー3のボギーが痛手となり、大会連覇はならなかった。

 首位と2打差の通算19アンダー3位に、サム・ライダー(米国)が食い込んだ。ライダーは9アンダー62をマークし、一気に順位を上げた。

 デシャンボーと並んで首位タイで最終日を迎えたピーター・ユーライン(米国)は、4オーバー75とスコアを落とし、通算12アンダー23位タイだった。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです