メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

星野少年は打った=玉木研二

 <ka-ron>

 打ちたい心が罪なのか。止める監督が悪いのか。今春から小学校で教科になった「道徳」。6年の教科書に載る「星野君の二塁打」はどうみればよいか。

 星野君は少年野球の好選手。好機の打席で監督は犠牲バントを指示する。だが星野君は内心必ず打てると思っていた。結局、彼は打つ。二塁打で決勝点を挙げ、チームは上の選手権大会に進む。

 監督は認めなかった。星野君がチームの約束を破り、輪を乱したとして、大会出場停止を言い渡す。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです