メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

クワガタ、越冬の準備を

 子どものアイドル、クワガタ。屋外で捕まえて飼っていると、そろそろ動きが鈍る季節だ。無事に冬を越し、春に元気な姿をみせてもらうためにどのような準備が必要だろうか。

 ●動き鈍くなったら

 実はクワガタには冬を越えて数年生きる種類と、寿命が尽きて越冬しない種類がある。越冬する種類で代表的なのは、オオクワガタ、ヒラタクワガタ、コクワガタ。越冬しないのはノコギリクワガタやミヤマクワガタだ。外国産のクワガタでも、ギラファノコギリクワガタなどは「大型で強そうに見えても基本的には越冬しません」と昆虫の販売や雑誌編集を手がける「むし社」(東京都中野区)のショップ店長、飯島和彦さん。ほかにフタマタクワガタやホソアカクワガタの仲間も越冬しない。ニジイロクワガタは一冬越えることがあるという。

 夜間の気温が15度を下回るようになると、日中は気温が上がっても、動きは鈍くなり、餌を食べなくなる。…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1160文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです