メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

世界選手権 東京五輪に課題 日本代表が会見

記者会見を終え、記念撮影に応じる(左から)白井健三、内村航平、村上茉愛=東京都渋谷区で2018年11月5日、長谷川直亮撮影

 体操の世界選手権(ドーハ)から帰国した日本代表が5日、東京都内で記者会見した。6個のメダルを獲得したものの、2007年大会以来11年ぶりに金メダルなし。男子のエース内村航平(リンガーハット)は「採点がすごく厳しかった。来年以降、どういう演技構成にしていくかを考えないといけない」と団体総合で出場権を獲得した20年東京五輪の課題に挙げた。

 内村は右足首故障で個人総合を回避し、団体に専念したが、連覇を目指した男子団体総合で中国、ロシアに次…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文455文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです