メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

世界選手権 東京五輪に課題 日本代表が会見

記者会見を終え、記念撮影に応じる(左から)白井健三、内村航平、村上茉愛=東京都渋谷区で2018年11月5日、長谷川直亮撮影

 体操の世界選手権(ドーハ)から帰国した日本代表が5日、東京都内で記者会見した。6個のメダルを獲得したものの、2007年大会以来11年ぶりに金メダルなし。男子のエース内村航平(リンガーハット)は「採点がすごく厳しかった。来年以降、どういう演技構成にしていくかを考えないといけない」と団体総合で出場権を獲得した20年東京五輪の課題に挙げた。

 内村は右足首故障で個人総合を回避し、団体に専念したが、連覇を目指した男子団体総合で中国、ロシアに次…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです