メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/18 作家・望月諒子さんの手工芸 空っぽになれる至福の時

 <くらしナビ・カルチャー>

母譲りの職人気質で 酒傍らに没頭する夢

 今は、誰ともなしに編み、気休めに糸をよる。ミステリー作家、望月諒子(りょうこ)さん(59)は幼い頃から手工芸が大好きだった。

 秋の気配が色濃くなってきた先月下旬、神戸市内の自宅を訪ねた。応接間のテーブルには自ら仕立てた一対の「木目込(きめこみ)人形」が置かれ、壁にはデザインから考案したという数種類の刺しゅうが掛けられている。ソファには手作りクッションも。

 「母がプロの洋裁職人で得意先や衣料品店から注文を受けては自宅で高級服を仕立てていた。いたるところに…

この記事は有料記事です。

残り1279文字(全文1541文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. 熱烈人気「上海ディズニー」 じわじわ「中国風」好感 6月で開園3年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです