メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

280キロ暴走

GT-Rリミッター外し、自ら動画投稿

書類送検された男が投稿したとみられる走行中の動画。速度表示は時速300キロに達していた=動画投稿サイト「ユーチューブ」より

 東大阪市内の自動車専用道路を時速約280キロで暴走したとして、大阪府警が5日、道路交通法違反(速度超過)などの容疑で書類送検した大阪市城東区の無職の男(35)が、300キロほどで暴走する様子を、動画投稿サイト「ユーチューブ」に自ら投稿。「車の性能を確かめたかった」と容疑を認めている。スピード違反の検挙としては、全国で過去最高速度とみられる。

 送検容疑は今年1月12日午前4時10分ごろ、東大阪市の第2阪奈道路のトンネル内でナンバープレートを隠し、制限速度(時速60キロ)を約220キロ上回る時速約280キロで走行したとしている。

 「動画サイトに危険な車が投稿されている」との情報提供が府警に寄せられ、城東署などが動画の解析で時速が約280キロに上ると裏付けた。ユーチューブに投稿された動画は約1分20秒。日産のスポーツカー「GT-R」でトンネル内を急加速し、速度表示が300キロに達する様子が映っている。

 男は府警の調べに対し、「10回ほど同じようなことをして(動画を)アップした。みんなに見てほしかった」と供述。車はリミッターが外され、通常より速度が出るように改造されていたという。

 時速280キロは東海道新幹線の最高速度(同285キロ)とほぼ同じ。悪質なスピード違反は正式に起訴され、裁判を経て刑事罰を科されることもある。法定刑は6月以下の懲役または10万円以下の罰金。【竹田迅岐】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです