メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

ヨーロッパの「迷宮」(ラビリンス)を彩る多国籍な劇場〜ルクセンブルク大劇場

幾何学模様が浮かび上がる夜のルクセンブルク大劇場

 不思議な街である。

 第一の公用語は別にあるはずなのに、店に入るとフランス語であいさつされる。ドイツとも国境を接しているからドイツ語も通じるが、向こうから使われることはまずない。なぜか、世界言語である英語はそれほど通じない。

 街角で聞こえてくる言葉はもっと多彩だ。フランス語、ドイツ語、英語そしてイタリア語。隣国のベルギーや、オランダの言葉もあるようだ。そして、第一の公用語のルクセンブルク語。筆者に聞き取れるわけもないけれど、なんとなく見当はついた。

 言葉や人種が混沌(こんとん)としているにもかかわらず、街はいたって清潔。緑も多く、歩いていて心地よ…

この記事は有料記事です。

残り2793文字(全文3069文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです