メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 埼玉栄、男女で頂点(その1) 男子、区間賞独占で連覇 /埼玉

 師走の都大路を駆け抜ける全国大会への出場権をかけた「男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会県予選会」(県教育委員会、県学校体育協会、毎日新聞社主催)が6日、熊谷市内で開かれた。86チームが参加した男子(7区間計42・195キロ)は埼玉栄が2時間6分7秒で2年連続37回目の優勝を果たした。60チームが参加した女子(5区間21・0975キロ)も埼玉栄が1時間11分5秒で3年ぶり24回目の優勝を飾った。両チームは12月23日に京都市で開かれる全国大会に出場する。また、男女とも上位6チームは18日に熊谷市で行われる関東大会に出場する。【畠山嵩、大平明日香、錦織祐一、橋本政明】

 降りしきる雨をものともせず、埼玉栄が1区から首位を守る盤石の走りで、2位に3分以上の大差をつけて連…

この記事は有料記事です。

残り1420文字(全文1762文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです