メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選 埼玉栄、男女で頂点(その2止) 女子、独走続けて圧勝 /埼玉

 埼玉栄は1区から先頭に出ると、独走状態でリードを拡大。2位の昌平に53秒差を付け圧勝した。

 1区は、3キロ地点まで埼玉栄や本庄東、昌平などが先頭集団を形成したが、埼玉栄の中村来知(なち)選手(1年)が4キロ手前でペースアップ。2位の本庄東を27秒引き離し、たすきをつないだ。昨年も2区で区間賞の山賀瑞穂主将(3年)は「昨年まで悔しい思いをしていたので、絶対に勝ちたかった」と力走した。

 3区の清水栞選手(2年)は「後ろとの差が縮まり焦ったが、最後まであきらめなかった」とトップを維持。…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1225文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです