メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
麺食い・列島味便り

秩父のそば 埼玉県秩父市 多彩な粉、配合、つゆ

「和味」の「せいろそば」。そばは、挽きたて、打ちたて、ゆでたてを提供するために一日50食分のみ打つ。うち1食は店主が食べて店内の「採点表」に店数を記入。客に提供するのは49食だ=埼玉県秩父市荒川日野の「和味」で、近藤浩之撮影

 埼玉・奥秩父の里山の懐に「そば処 和味(なごみ)」(秩父市荒川日野)がある。店では自ら栽培したそばの実をひいてそば粉にする。早朝に打ったばかりのせいろそばを箸でひとつまみする。爽やかで品の良いそばの香りがつゆに絡み、鼻腔(びこう)をくすぐる。ほどよい硬さで、つるんとのどを滑り落ちた。

 店主の江田治雄さん(66)が言う。「そばの風味を楽しんでいただくため粗びきし、のどごしを良くするよう小麦粉と1対1の割合で打ちます」

 秩父は、そばの町だ。元来、砂利が多いやせた土壌で稲作には適さなかった。それを逆手にとり、水はけの良…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1453文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです