メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

秩父のそば 埼玉県秩父市 多彩な粉、配合、つゆ

「和味」の「せいろそば」。そばは、挽きたて、打ちたて、ゆでたてを提供するために一日50食分のみ打つ。うち1食は店主が食べて店内の「採点表」に店数を記入。客に提供するのは49食だ=埼玉県秩父市荒川日野の「和味」で、近藤浩之撮影

 埼玉・奥秩父の里山の懐に「そば処 和味(なごみ)」(秩父市荒川日野)がある。店では自ら栽培したそばの実をひいてそば粉にする。早朝に打ったばかりのせいろそばを箸でひとつまみする。爽やかで品の良いそばの香りがつゆに絡み、鼻腔(びこう)をくすぐる。ほどよい硬さで、つるんとのどを滑り落ちた。

 店主の江田治雄さん(66)が言う。「そばの風味を楽しんでいただくため粗びきし、のどごしを良くするよう小麦粉と1対1の割合で打ちます」

 秩父は、そばの町だ。元来、砂利が多いやせた土壌で稲作には適さなかった。それを逆手にとり、水はけの良…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1453文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  3. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 
  4. 勤務医の残業上限時間「2000時間」に批判相次ぐ 厚労省有識者検討会
  5. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです