メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台劇

「異聞 岩倉使節団の長州人」 原作・古川薫さん自身が上演熱望 あす下関で実現 /山口

 明治維新150年を記念し、5月に亡くなった直木賞作家、古川薫さん原作の舞台劇「異聞 岩倉使節団の長州人」が、9日午後6時半から下関市細江町の市生涯学習プラザ海のホールで上演される。同作の上演は古川さん自身が熱望していたもので、脚本、演出を担当した「劇団海峡座」の武部忠夫さんは「現代の日本に通じる課題がさりげなく描かれており、そうした古川さんのメッセージを受け止めてもらいたい」と話している。

 物語は、米サンフランシスコを目指す船中で起きる視察団員間のあつれきや女子留学生を巡る事件を機に開か…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです