メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たんぱく質

「LAG-3」 免疫抑制の仕組み解明 がん治療薬開発に期待 徳島大グループ /徳島

 がん免疫にブレーキをかけるとされるたんぱく質「LAG-3」が、どのように免疫を抑制しているかに関するメカニズムを解明したとの論文を、徳島大の岡崎拓教授と丸橋拓海特任助教(免疫学)のグループが先月、米科学誌「ネイチャーイムノロジー」(オンライン版)に発表した。ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑特別教授らの「PD-1」などの研究と同様に、免疫疾患やがんの治療法開発につながる期待ができるという。

 岡崎教授によると、LAG-3は、がんの免疫にブレーキをかける分子として世界で研究が進められていると…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文624文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです