メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国見聞録

吉村虎太郎邸 高知県津野町 新時代夢見て、いち早く脱藩した志士 維新前夜、27年の足跡に思いはせ /四国

吉村虎太郎邸の前に立ち笑顔の豊田坂江さん=高知県津野町芳生野甲で、郡悠介撮影

脱藩の道のり、パネルや年表展示 きょう命日

 明治維新150年の今年も残りわずか。維新と言えば坂本龍馬が有名だが、龍馬に先駆けて土佐藩を最も早く抜けた志士・吉村虎太郎(とらたろう)も重要な役割を果たした。生家の跡地に復元された施設「吉村虎太郎邸」(高知県津野町)を訪ね、尊王攘夷(そんのうじょうい)運動に奔走した虎太郎の27年の生涯に思いをはせた。【郡悠介】

 虎太郎は1837年、芳生野(よしうの)村(現・津野町)で庄屋の長男として生まれた。尊王思想へと傾倒…

この記事は有料記事です。

残り937文字(全文1165文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 「拘置所でXmas」再逮捕ゴーン前会長の勾留状況に仏メディア批判的
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 日産 ゴーン前会長の名誉博士号、褒章どうする?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです