メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

合同展作品集

完成 長崎市内外の写真団体 日常捉え、節目の10回 /長崎

 半世紀近い歴史を持つ長崎市写真団体合同展の作品集「長崎」(A4判、82ページ)が完成した。5年ごとに実行委が発行しており今回が10回目の節目となった。長崎の日常を切り取った作品が収録されている。

 合同展は1974年、6月1日の「写真の日」に合わせ、アマチュアカメラマンでつくる長崎市内外の18団体の作品が一堂に会する場として始まった。今年も5~6月、14…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  3. 大阪府警 出会い系売春あっせん24人逮捕 大規模組織か
  4. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです