メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

広島・丸、西武・浅村、オリックス・西がFA宣言

 国内フリーエージェント(FA)権の行使期間が始まったプロ野球は7日、権利を保有する選手の行使申請が相次いだ。今後は獲得を目指す球団による争奪戦に注目が集まる。

残留も選択肢

 広島の丸佳浩外野手(29)は、球団に今季取得した国内FA権を行使する申請書類を提出した。マツダスタジアムで取材に応じた丸は「他球団の評価を聞いてみたい」と理由を語った。一方で「(広島から)非常に高く評価してもらっている」とも述べ、残留も選択肢の一つという。松田元オーナーはFA権を行使し、他球団の条件を聞いた上で広島に残る「宣言残留」を認める意向を示している。

 丸によると、行使は家族とも相談した上で6日に決断したといい、結論の期限は「当然、年内にはと思う。で…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文874文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 衆院予算委員長「閣僚から不穏当な発言」と注意 茂木経済再生担当相やじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです