メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6さいからのニュース

金のイノシシ、ずらり

最盛期を迎えた来年の干支「亥」をデザインした「干支だるま」作り=神奈川県平塚市の荒井だるま屋で10月23日、竹内紀臣撮影

 神奈川県平塚市かながわけんひらつかしにある荒井あらいだるまが、らいねんのえとにちなんだイノシシの「干支えとだるま」づくりで、おおいそがしになっています=写真しゃしん

     ことしは「しあわせにむかって、イノシシのようにまっすぐつきすすむことができるように」とのねがいをこめて、しあげをしています。干支えとだるまづくりは2003ねんからはじめ、まいとしにんきです。はしからはしまでのおおきさはおよそ11センチメートルで、ねだんは3000えんです。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
    2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
    4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
    5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです