メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆるキャラらんど

ふっくらたまこ 千葉県多古町

ふっくらたまこさんの「おあがんなさいまし」

 「うふふふ」。あたたかいほほみに親近感しんきんかんがわきます。千葉県多古町ちばけんたこまちのマスコットキャラクター、ふっくらたまこです。かたち名前なまえていますが、たまごではありません。おかずのいらないこめひょうされる、おいしい多古米たこまい産地さんちならではのおこめ妖精ようせい

     たまこさんは、こめづくり農家のうかおっとどもがいる新米しんまいかあさん。「おばあちゃん」だったので、おばあちゃんがよくはな言葉ことば使つかっていた「あんだや あんだや」(あらあら、どうしたの)や「おあがんなさいまし」(こんにちは)といった多古たこことばが口癖くちぐせです。多古町たこまち成田国際空港なりたこくさいくうこうのすぐとなり飛行機ひこうきるとってみたいとおもうそうですが、じつはたまこさん、べるんです。散歩さんぽするときにしっぽを使つかってんでいるんだとか。でも、姿すがただれたことがありません。

     多古町たこまち待機児童たいきじどう給食費きゅうしょくひ高校生こうこうせいまでの医療費いりょうひがゼロの子育こそだ世代せだいやさしいまち。それに特産品とくさんひんゆたかな自然しぜん……ふっくらまった多古町たこまち魅力みりょくをたまこさんが発信はっしんしています。(井上梢いのうえこずえ


    「ふっくらたまこ」データ

    誕生日たんじょうび:4がつついたち

    年齢ねんれい:ひみつ(ずぅーっと新米しんまいかあさん)

    んでいるところ:成田国際空港なりたこくさいくうこう東隣ひがしどなりゆたかな自然しぜん歴史れきしはぐくまれた多古町たこまちの3世代せだい仲良なかよらす米作こめづく農家のうかのはなれ(納屋なやの2かい

    大好だいすきなもの:多古町たこまち自然しぜんとく里山さとやま田園風景でんえんふうけい栗山川くりやまがわ人情にんじょうあつ多古町たこまちひととくどもたちが大好だいす

    好物こうぶつ多古米たこまいとくにヤマトイモのとろろごはんとおすし、多古米たこまい豚丼ぶたどん、ニンジンサラダやなし、ブドウ、多古米たこまい使つかったおさけもたしなむ、じつ相当そうとういしんぼう

    趣味しゅみ相撲すもうごっこ

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
    2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
    3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
    4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです