メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(51)新芸と日本の音楽家Ⅱ 賀集裕子

ピアニストの賀集裕子=1965年ごろ

難関の国際コンクールで快挙

 1956年6月2日、ベルギーの首都ブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際音楽コンクールの本選会最終日に日本人の女性ピアニストが登場した。当時パリに留学中であった賀集裕子(かしゅう・ひろこ)である。国際コンクールの中でも最難関の一つとされ、この年ピアノ部門は4年ぶりの開催で、86人の応募者のうち棄権者を除く60人が参加。2度の予選を勝ち抜いた賀集は、本選でラヴェルの「夜のガスパール」のスカルボ、課題曲のルネ・デフォッセの新作を演奏。最後にベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を力強く弾き終えると、客席から大きな拍手がわき起こった。

 日付が変わって深夜0時半過ぎ、審査結果が発表された。前評判の高かったラザール・ベルマンは第5位。1…

この記事は有料記事です。

残り2890文字(全文3223文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです