メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

山里の守り神

 福岡県築上町本庄に高さ26メートル、幹回り21メートルという大きなクスノキがある。その脇に今年8月、巨木の歴史と魅力を込めた歌碑が建立された。

 作詞者で近くに住む梶屋邦子さん(90)は11歳の頃、本庄地区に移り住み、大樹を見上げながら通学した。「この木をたたえる歌があれば」。そう思う時もあったが、67歳の時に歌詞を書き上げ、思いを形にした。周囲にも好評で曲がつき、イベ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 特集ワイド 衆参同日選、可能性探る 毎日新聞専門編集委員・与良正男×ジャーナリスト・鈴木哲夫氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです