メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 福岡県築上町本庄に高さ26メートル、幹回り21メートルという大きなクスノキがある。その脇に今年8月、巨木の歴史と魅力を込めた歌碑が建立された。

 作詞者で近くに住む梶屋邦子さん(90)は11歳の頃、本庄地区に移り住み、大樹を見上げながら通学した。「この木をたたえる歌があれば」。そう思う時もあったが、67歳の時に歌詞を書き上げ、思いを形にした。周囲にも好評で曲がつき、イベ…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. ことば 寝屋川中1男女殺害事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです