メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モアイ像

歩いた! 10分の1サイズで仮説挑戦 学生が実験成功 愛知・岡崎

 イースター島のモアイ像の運搬方法に関する仮説を、人間環境大学岡崎キャンパス(愛知県岡崎市本宿町)の学生たちが実証実験で確かめた。高さ2メートル、重さ約10キロの発泡スチロール製モアイ像を、ロープを使って歩くように前進させた。

 太平洋に浮かぶチリ・イースター島のモアイ像は、人面を模した石造彫刻で知られる。最大で高さ20メートル、重さ75トンという石像を石切り場から海辺などにある台座までどのように運んだかなど、多くの謎に包まれている。

 実験は今月2日、同大人間環境学部環境科学科の武田淳講師(36)=文化人類学=が授業の一環として行っ…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文635文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 訃報 成田賢さん 73歳=歌手 009「誰がために」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  5. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです