メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モアイ像

歩いた! 10分の1サイズで仮説挑戦 学生が実験成功 愛知・岡崎

 イースター島のモアイ像の運搬方法に関する仮説を、人間環境大学岡崎キャンパス(愛知県岡崎市本宿町)の学生たちが実証実験で確かめた。高さ2メートル、重さ約10キロの発泡スチロール製モアイ像を、ロープを使って歩くように前進させた。

 太平洋に浮かぶチリ・イースター島のモアイ像は、人面を模した石造彫刻で知られる。最大で高さ20メートル、重さ75トンという石像を石切り場から海辺などにある台座までどのように運んだかなど、多くの謎に包まれている。

 実験は今月2日、同大人間環境学部環境科学科の武田淳講師(36)=文化人類学=が授業の一環として行っ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです