メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北高校駅伝

青森山田、女子2位 V奪還ならず 男子は3位健闘 /青森

 男子第54回、女子第29回東北高校駅伝競走大会(東北高体連、毎日新聞社など主催)が8日、岩手県一関市で行われた。男子(7区間42・195キロ)は秋田工(秋田)が2時間6分57秒で2年ぶり5回目、女子(5区間21・0975キロ)は山形城北(山形)が1時間11分40秒で12年ぶり3回目の優勝を果たした。全国大会が第30回記念大会となる女子は、県予選優勝校を除く最上位の4位に入った東海大山形(山形)が東北地区代表として、2年連続2回目の全国大会の切符を手にした。【三瓶杜萌、小鍜冶孝志】

 各県予選上位校とオープン参加1チームを含め、男女それぞれ27チームが出場。青森県勢の最高順位は、男…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1145文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです