メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北高校駅伝

女子、盛岡誠桜7位 男子、一関学院7位 /岩手

 男子第54回、女子第29回東北高校駅伝競走大会(東北高体連、毎日新聞社など主催)が8日、一関市の市総合体育館前を発着点とするコースであった。男子(7区間42・195キロ)は秋田工(秋田)が2時間6分57秒で2年ぶり5回目、女子(5区間21・0975キロ)は山形城北(山形)が1時間11分40秒で12年ぶり3回目の優勝を果たした。全国大会が第30回記念大会となる女子は、県予選優勝校を除く最上位の4位に入った東海大山形(山形)が東北地区代表として、2年連続2回目の全国大会の切符を手にした。県勢の最高順位は、男子が一関学院の7位(2時間11分50秒)、女子が盛岡誠桜の7位(1時間13分36秒)だった。【三瓶杜萌、小鍜冶孝志】

この記事は有料記事です。

残り3061文字(全文3374文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. WEB CARTOP 最近のAT車から「2」や「L」レンジがなくなった本当の理由とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです