メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北高校駅伝

東北快走、男子2位 女子は仙台育英が5位 /宮城

 男子第54回、女子第29回東北高校駅伝競走大会(東北高体連、毎日新聞社など主催)が8日、岩手県の一関市総合体育館前を発着点とするコースであった。男子(7区間42・195キロ)は秋田工(秋田)が2時間6分57秒で2年ぶり5回目、女子(5区間21・0975キロ)は山形城北(山形)が1時間11分40秒で12年ぶり3回目の優勝を果たした。県勢は、男子で東北が2位に食い込んだ。女子は仙台育英の5位が最上位だった。

 27チームで争った男子は、秋田工が4区(8・0875キロ)から独走状態を築き、逃げ切った。43秒差…

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1253文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 体育館トイレ個室の壁が倒壊 女性下敷きで重傷 香川
  4. AAA浦田容疑者逮捕 所属事務所が公式HPで謝罪
  5. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです