メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北高校駅伝

東海大山形、女子も全国へ 優勝は山形城北 /山形

 男子第54回、女子第29回東北高校駅伝競走大会(東北高体連、毎日新聞社など主催)が8日、岩手県の一関市総合体育館前を発着点とするコースであった。男子(7区間42・195キロ)は秋田工が2時間6分57秒で2年ぶり5回目、女子(5区間21・0975キロ)は山形城北が1時間11分40秒で12年ぶり3回目の優勝を果たした。全国大会が第30回記念大会となる女子は、県予選会優勝校を除く最上位の4位に入った東海大山形が東北地区代表として、2年連続2回目の全国大会の切符を手にした。県予選会を制した男子の東海大山形、女子の山形城北とともに12月23日の京都・都大路に臨む。【三瓶杜萌、小鍜冶孝志】

この記事は有料記事です。

残り1730文字(全文2023文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです