メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

21世紀dotank発

地方創生のレガシーとは /山梨

 「ゆるキャン△ですか?」。身延町常葉地区の薬局に入った途端、笑顔で話しかけられた。10月26日付の本コーナーを読まれた方は既にご存じのことだろうが、人気アニメの舞台となったこの地域では、地元の若手有志が中心となってアニメファンを積極的に迎えようとする取り組みが進められている。

 アニメで描かれたスポットを説明する案内看板の設置や地域散策マップの作製、「山を登る」とか「買い物をする」といった体験を促すスタンプラリーなど、ファンの満足感を高めるメニューがある中で、特に注力しているのが、地域住民との交流機会の創出である。

 この地域には、冒頭の薬局や若手有志の代表が住職を務める寺院など、ファンたちが地域散策の途中に気軽に…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文997文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は短距離離陸型F35B
  4. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  5. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです