メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

国際 アメリカ中間選挙 議会「ねじれ」に トランプ政権に打撃

写真はAP
中間選挙の状況

上院じょういん共和党きょうわとう 下院かいん民主党みんしゅとう

 アメリカ中間選挙ちゅうかんせんきょが6むいか投開票とうかいひょうされました。選挙前せんきょまえは、上院じょういん下院かいんのどちらの議会ぎかいも、トランプ大統領だいとうりょうささえる与党よとう共和党きょうわとう議員ぎいんかず野党やとう民主党みんしゅとう上回うわまわっていました。選挙せんきょ結果けっか下院かいんでは民主党みんしゅとう多数派たすうはになり、上院じょういん下院かいん多数派たすうはことなる「ねじれ」がしょうじました。トランプ大統領だいとうりょうおもうままに政治せいじをすることはむずかしくなりそうです。

     民主党みんしゅとう下院かいん多数派たすうはになったのは8ねんぶりです。民主党みんしゅとうおおくの女性じょせいやマイノリティー(社会しゃかい少数派しょうすうは人々ひとびと)を候補こうほてました。国内こくない国外こくがい分断ぶんだんをあおる「トランプ政治せいじ」に反発はんぱつする若者わかもの女性じょせいたちが、こうした民主党みんしゅとう候補こうほ投票とうひょうしたのです。女性議員じょせいぎいんかず過去最多かこさいたの107にん上回うわまわ見通みとおしで、はつ女性じょせいイスラム教徒きょうと下院議員かいんぎいん誕生たんじょうすることになりました。

     一方いっぽうで、上院じょういんでは共和党きょうわとう多数派たすうはまもりました。アメリカだいいち主義しゅぎかかげ、関係かんけい悪化あっかすることもいとわずに貿易ぼうえき問題もんだいなどで他国たこくたいして強気つよき交渉こうしょうし、移民いみん排除はいじょする。そんなトランプ大統領だいとうりょう支持しじするひとたちが中間選挙ちゅうかんせんきょでも共和党候補きょうわとうこうほ応援おうえんしました。

     中間選挙ちゅうかんせんきょでは、大統領だいとうりょうささえる与党よとう議席ぎせきらすことがおおいのですが、上院じょういんでは今回こんかいらしませんでした。トランプ大統領だいとうりょうは「歴史れきしをくつがえし、勢力せいりょく拡大かくだいした」と勝利しょうり強調きょうちょうしています。

     双方そうほうはげしくたたかったことで、投票率とうひょうりつたかくなり、中間選挙ちゅうかんせんきょはかつてないがりをせましたが、両党りょうとう支持者しじしゃあいだ対立たいりつふかまってしまったといえます。

     「ねじれ」がしょうじた議会ぎかいでは、下院かいん民主党みんしゅとう賛成さんせいられずに法律ほうりつ予算よさんあん成立せいりつしにくくなります。さらに民主党みんしゅとうは、トランプ大統領だいとうりょうをめぐるロシア疑惑ぎわくなどの追及ついきゅうつよめるかまえです。

     のままに政治せいじうごかせなくなるトランプ大統領だいとうりょうですが、大統領令だいとうりょうれいという物事ものごとめるつよ権限けんげんっています。貿易ぼうえきなどの政策せいさく自分流じぶんりゅうつらぬき、貿易戦争ぼうえきせんそうはげしくなるとの見方みかたもあります。


    下院かいん特徴とくちょう

    任期にんきねん

    ・25歳以上さいいじょう

    過半数かはんすう賛成さんせい大統領だいとうりょう弾劾訴追だんがいそついめさせるもうて)ができる

    上院じょういん特徴とくちょう

    任期にんきねん(2ねんごとに3ぶんの1ずつ改選かいせん

    ・30歳以上さいいじょう

    大臣だいじん連邦最高裁判所判事れんぽうさいこうさいばんしょはんじ承認しょうにん

    条約批准じょうやくひじゅん承認しょうにん

    下院かいんからの弾劾訴追だんがいそついけて、弾劾裁判だんがいさいばんおこなう。大統領だいとうりょう罷免ひめんめさせること)には3ぶんの2以上いじょう賛成さんせい必要ひつよう

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
    2. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
    3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
    4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
    5. 特集ワイド 衆参同日選、可能性探る 毎日新聞専門編集委員・与良正男×ジャーナリスト・鈴木哲夫氏

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです