メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝利の方程式

大和のアスリートたち ソフトテニス・下原涼太選手(高田商業高3年) けが克服、精神面成長 /奈良

練習に励む下原涼太選手=奈良県大和高田市材木町の市立高田商業高校で、佐藤英里奈撮影

 高田商業高校の下原涼太選手(18)は、今夏に三重県鈴鹿市で開かれた全国高校総合体育大会で、個人戦、団体戦の両方で日本一に輝いた。けがをきっかけにした精神面の成長と、日々の練習で習得した体重を乗せた鋭いサーブで、結果を見せた。

 昨秋の練習試合で返球しようとした際、左膝の半月板を損傷。全治3カ月と診断された。リハビリを必死に支えてくれるトレーナーの姿を見て、「応援してくれている人がいるのだから、高校総体も頑張らなければ」と、強い気持ちを持つように。懸命にリハビリに励んだおかげで、けがは1カ月半ほどで完治した。

 今年3月にあった全日本高校選抜ソフトテニス大会の団体戦では、ライバルの東北高校(仙台市)に準決勝で…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文660文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです