メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西陣織

機械化予見 咸宜園3代塾主が手紙 広瀬資料館学芸員発見 日田 /大分

 江戸後期最大の私塾「咸宜園」の第3代塾主、広瀬青邨(せいそん)(1819~84年)が明治3(70)年に「西陣織は、西洋のように機械で作るといろいろな工夫ができる」(現代語訳)と書いた手紙が、日田市豆田町の広瀬資料館で見つかった。滞在先の京都から日田の豪商宛てに送ったもの。西陣織は明治6年にフランスからジャカード織機を輸入し近代化の礎を築いたが、手紙はこれを予見する内容だ。同資料館で30日まで展示している。【楢原義則】

 古文書や史料を基に「明治維新前後と広瀬家のかかわり」を調べている園田大・学芸員(40)が発見した。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです