メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

W杯 第6戦 萩野失速2位 400自

男子400メートル自由形決勝で2位となった萩野公介=東京辰巳国際水泳場で2018年11月9日、梅村直承撮影

 短水路(25メートルプール)で争う競泳のワールドカップ(W杯)第6戦東京大会が9日、東京辰巳国際水泳場で開幕した。

 男子400メートル自由形は萩野公介(ブリヂストン)が3分42秒24で2位。優勝はマック・ホートン(オーストラリア)で3分40秒58。男子100メートルバタフライは川本武史(トヨタ自動車)が50秒28で制した。

 男子100メートル平泳ぎは小関也朱篤(ミキハウス)が56秒68で2位、渡辺一平(早大)は6位。優勝…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文756文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 二階氏妻葬儀に大島、菅、岸田氏ら参列 王氏や杉良太郎さんも
  3. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  4. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  5. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです