メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競泳

池江、100個メ銅 収穫口にするも“2強”強し(スポニチ)

競泳W杯東京大会 第1日(2018年11月9日 東京辰巳国際水泳場)

 短水路(25メートルプール)で争われ、女子100メートル個人メドレーで池江璃花子(18=ルネサンス)は58秒17で、カティンカ・ホッスー(29=ハンガリー)、サラ・ショーストロム(25=スウェーデン)に次ぐ3位に入った。

     池江はバタフライ、背泳ぎでホッスー、ショーストロムに食らいついた。だが平泳ぎで離されると、最後のターンでタッチが合わずに勝負あり。0秒03差の優勝争いを制したホッスーに0秒92差の3位でフィニッシュした。「世界トップの選手がそろう中で3位に食い込めたのは自信になる」。収穫を口にしたが、“2強”との差は大きかった。

     ホッスーは「彼女(池江)も速くて楽しいレースになった」と語り、ショーストロムは「100メートル個人メドレーは池江にとって必ずしも得意な種目ではない」と気遣った。池江は11日に行われる本命の100メートルバタフライなど残り3種目に出場予定。「得意種目で結果を残したい」と前を向いた。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
    2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
    3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
    4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
    5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです