メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

「嫌う権利」を考える=永山悦子

 インターネット上の「自己責任」をめぐる議論での荒れた言葉遣いや、自らと異なる意見をバッシングする様子を見ると息苦しさを感じる。そんな折、最近の取材の先々で聞いた「日本人の寛容さ」をめぐる言葉を思い出した。

 高校生の長男が自閉症で、多くの子育て本を出版する立石美津子さんは、特別支援学校の教員免許を取るために出席した授業で聞いたという話を教えてくれた。

 「鉢植えに100個の種をまいたら、全部同じようには成長はしない。芽が出ないこともあるし、途中から成…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです