メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

文化の発信地としての書店

 誰にでも「思い出の本屋さん」があるのではないか。記者の場合も子供の頃から年代ごとに、いくつかの書店の姿が浮かび上がってくる。中でも特別な一つが、東京・池袋の西武百貨店にあった「リブロ池袋本店」だ。3年前、閉店したと知った時は少なからずショックだった。学生時代、池袋近くに住んだ者にとって、青春の一ページが失われるような思いがした。

 菊池壮一氏の著書『書店に恋して--リブロ池袋本店とわたし』(晶文社)を読み、そうした感情が呼び起こ…

この記事は有料記事です。

残り1277文字(全文1493文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声
  3. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです