メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

文化の発信地としての書店

 誰にでも「思い出の本屋さん」があるのではないか。記者の場合も子供の頃から年代ごとに、いくつかの書店の姿が浮かび上がってくる。中でも特別な一つが、東京・池袋の西武百貨店にあった「リブロ池袋本店」だ。3年前、閉店したと知った時は少なからずショックだった。学生時代、池袋近くに住んだ者にとって、青春の一ページが失われるような思いがした。

 菊池壮一氏の著書『書店に恋して--リブロ池袋本店とわたし』(晶文社)を読み、そうした感情が呼び起こ…

この記事は有料記事です。

残り1277文字(全文1493文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです