メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP

年1.2%減 災害影響、2期ぶりマイナス 7~9月

GDP成長率と内外需実質寄与度

 内閣府が14日発表した2018年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・3%減、この状況が1年間続いた場合の年率換算で1・2%減で、2四半期ぶりにマイナスとなった。自然災害が相次いだ影響で、個人消費や輸出が落ち込んだ。【大久保渉】

 GDPの約6割を占める個人消費は0・1%減と、2四半期ぶりにマイナスとなった。西日本豪雨や北海道地震の発生で、旅行や飲食などの消費が減ったことに加え、ガソリン価格の上昇や猛暑による野菜価格高騰が家計の消費意欲を冷やした。設備投資も0・2%減と、8四半期ぶりのマイナス。建設用の掘削機などの工場が被災し供給が滞ったことなどが影響した。

 公共投資は、17年度補正予算の規模が比較的小さく効果が薄れたため、1・9%減と5四半期連続のマイナ…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文816文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです