メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

キログラム原器、お役ご免 無視できない50マイクログラムの誤差 国際機関、新定義承認へ

国際キログラム原器(ガラスケースの中の円筒状の金属)=国際度量衡局提供

 130年間にわたり、世界中のあらゆる物体の質量を決める基準になってきた「国際キログラム原器」が、来年5月にお役ご免となりそうだ。洗浄による摩耗などにより、ごくわずかに軽くなったとみられるためで、13~16日にパリで開かれている国際度量衡総会で、原器を使わない新しい質量の定義が承認される見通しだ。何がどう変わるのだろうか。【荒木涼子】

 国際キログラム原器は白金イリジウム合金製で、高さ、直径ともに39ミリの円筒形の分銅だ。メートル条約…

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1087文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  4. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです