メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「性の進化史」で毎日出版文化賞を受賞した松田洋一さん=2018年10月12日、山下浩一撮影

 ◆自然科学部門『性の進化史』(新潮社・1404円)

染色体を突き詰める

 「染色体研究に携わった先人や仲間、またその面白さを世に伝えたいと思っている方々の代表としていただいた賞だと思います」。受賞の喜びをそう語る。

 生物に関心を持つきっかけは小学生のころ、姉が子ども用の小さな顕微鏡を買ってくれたことだ。「池の水を集め、それでプランクトンを見るのに熱中していました」。早熟の少年は高校生のころから遺伝の研究者になりたかった。さらに決定的だったのは名古屋大学大学院に進学して間もないころ。動物の細胞をシャーレで培養し、染色体標本を作った。「その時顕微鏡で染色体の形を見て、とても美しいと思いました」。今に至る太く長い道が開いた瞬間だ。「染色体の数や形はどんなことを意味しているのだろう」。その問いを突き詰めてきた。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1118文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです