メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現代音楽

「アンサンブル九条山」でクラリネット・上田希 現代曲の明日へ鳴らす音

「現代曲を演奏する前は、なるべく作曲家に連絡をとってその意図を理解するようにしている」と話す上田希=大阪府豊中市で、田中博子撮影

 演奏しながら声を上げたり、舞台を歩き回ったり、演奏すらしないで楽器の表面をこすって音を立てたり--。とっつきにくい印象が拭えない現代音楽だが、音楽の可能性を探る試みでもある。関西の女性奏者による現代音楽の専門集団「アンサンブル九条山」の定期公演が28日、ロームシアター京都・ノースホール(京都市左京区)で開かれる。

 メンバーでクラリネットの上田希は「古典はテンポや調性など決まりの中で表現するが、その囲いが取れてよ…

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1180文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」
  4. 盛岡大付、九回2死から見せた意地 諦めずに勝利つかむ
  5. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです