メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP

1.2%減、2四半期ぶりマイナス 7~9月期

 内閣府が14日発表した2018年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.3%減、この状況が1年間続いた場合の年率換算で1.2%減で、2四半期ぶりにマイナスとなった。自然災害が相次いだ影響で、個人消費や輸出が落ち込んだ。

 GDPの約6割を占める個人消費は0.1%減と、2四半期ぶりにマイナスとなった。西日本豪雨や北海道地震の発生で、旅行や飲食などの消費が減ったことに加え、ガソリン価格の上昇や猛暑による野菜価格高騰が家計の消費意欲を冷やした。設備投資も0.2%減と、8四半期ぶりのマイナス。建設用の掘削機などの工場が被災し供給が滞ったことなどが影響した。

 公共投資は、17年度補正予算の規模が比較的小さく効果が薄れたため、1.9%減と5四半期連続のマイナ…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文815文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  3. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです