メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RCEP

インドが慎重姿勢崩さず 年内「実質妥結」断念

RCEPを巡る構図

 【シンガポール赤間清広】日中韓やインド、東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国で構成する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉は、目標としていた年内の「実質妥結」を事実上、断念した。保護主義的な傾向を強めるトランプ米政権への対抗策としても期待されたRCEPだが、中国からの製品流入拡大を警戒するインドが慎重姿勢を崩さなかった。

 12日にシンガポールで開かれたRCEP閣僚会合は、年内の「実質妥結」に向けた最大の山場だった。交渉…

この記事は有料記事です。

残り990文字(全文1209文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです