メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費増税

対策が迷走 商品券に「効果が薄い」の指摘も

政府が検討している消費税増税対策

 来年10月の消費税増税に備えた政府の経済対策が迷走している。制度作りが難航しているポイント還元制度に加え、それを補う形で検討が進むプレミアム付き商品券も対象世帯を拡大する方向だが、「効果が薄い」との指摘も出ている。【大久保渉】

 プレミアム付き商品券は、額面2万5000円の商品券を2万円で発行する方向で検討されている。低所得層の支援が目的だが、低所得層対策としては飲食料品の税率を8%に据え置く軽減税率がある。「二重の低所得層対策は理屈に合わない」(経済官庁幹部)はずだが、ポイント還元制度の検討が始まると、公明党が「ポイントを利用しにくい人々、消費そのものが制約される人への配慮」(山口那津男代表)として要望した。

 プレミアム付き商品券は、2014年の消費税率8%への引き上げ後に消費が落ち込んだ際にも発行された。…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1236文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  4. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟
  5. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです