メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医師国家試験

「地域枠」医学生は優秀 合格率、全国平均上回る

 地域医療に従事する人材を養成する大学医学部の地域枠の学生は、医師国家試験の合格率が全国平均よりも最大4ポイント高いとの調査結果を、全国医学部長病院長会議がまとめた。地域枠は地元出身の学生に限ることが多く、学力低下の懸念が一部にあったが、「成績優秀」と判明した。

 調査したのは、同会議の小林誠一郎・岩手医科大副学長のグループ。地域枠は2008年度に本格導入され、国公私立68大学に広がっている。初めての卒業生が出た13年度以降、4年間の卒業生の状況を調べた。

 医師になるには医学部卒業と国家試験合格が必要。新卒学生の合格率が最も高いのは13年度の98・3%で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです