メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ探訪

富山県高岡、射水市 日常が映画の世界に 「君の膵臓をたべたい」の舞台 /北陸

作品のモデルになった万葉線・末広町電停=富山県高岡市末広町で、森野俊撮影

 2016年の本屋大賞で2位を獲得した作家、住野よるさんの人気小説「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」をアニメ化した映画の舞台は富山県高岡市周辺。県や市観光協会などは映画の公開に合わせてイベントを企画。観光客の取り込みに一役買っている。

 映画は膵臓の病気を患い、余命いくばくもない女子高校生の「桜良」と、桜良が書いていた秘密の闘病日記を偶然、見つけたクラスメートの「僕」が過ごす時間を描く青春物語。9月に公開された。

 県観光振興室によると、監督・脚本を務めた牛嶋新一郎さんの母方の祖母が高岡市在住。幼少期に頻繁に訪れ…

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文826文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良のシカでけが、最多 8割が外国人 “鹿せんべいで写真”じらされ攻撃的に
  2. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子
  3. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. フィリピンではしか猛威 136人死亡、拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです