メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瀬戸内国際芸術祭

来年4月開幕 ダンス作品など充実 企画内容決まる /香川

 来年4月26日に開幕する「瀬戸内国際芸術祭2019」の企画内容が決まった。30以上の国と地域から作家やグループ約200組が参加する見通しで、アートを通じて瀬戸内の魅力を発信する。

 芸術祭は来年4月26日~11月4日に春・夏・秋の3会期で計107日間開催。香川・岡山両県の12島と高松、宇野両港周辺が会場になる。重点プロジェクトは「瀬戸内の資源×アーティスト」「アジアの各地域×瀬戸内の島々」「芝居・舞踏の多様な展開」など。

 高松港周辺では、うちわや盆栽、希少糖など、地域の特産に焦点を当てたアート作品を展示。伊吹島(観音寺…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです