メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一人一人に適した課題が出されるIT教材で英語の授業を受ける生徒たち=東京都杉並区の東京立正中学・高等学校で

 デジタル教材やアプリを使って、教育上のさまざまな課題を解決しようとする動きが広がっている。導入された現場では、これまであまりできなかった学力の底上げや、多様な個性を伸ばすために、ITが威力を発揮していた。

 ●個々の弱点を明示

 静まりかえった東京立正中学・高校(東京都杉並区)の教室。中学3年の生徒19人が、各自の机上にあるパソコンでeラーニング教材「すらら」を使った英語の授業に取り組んでいた。事前に授業で習った範囲をすららで復習する宿題が出ており、生徒はまず小テストを解く。

 生徒が見ている画面はそれぞれ違う。間違った箇所に応じて補習画面が登場するのだ。理解できている子は先…

この記事は有料記事です。

残り2114文字(全文2403文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです