メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

ちきゅう、プレート境界断層へ 大地震懸念の南海トラフ、海底下5200メートル掘削計画

 近い将来、大地震を起こすと懸念される南海トラフで、海洋研究開発機構の地球深部探査船「ちきゅう」が海底の掘削を続けている。目指すのは海底下約5200メートル。過去に何度も地震を起こしてきたプレート境界断層の岩石を採取する世界初の試みだ。【池田知広】

 ●固着域を直接観測

 10月10日、静岡市の清水港。全長210メートルの「ちきゅう」が大勢の見送りを受けて出航した。向かったのは紀伊半島沖の熊野灘。この地点は過去の航海ですでに海底下約3000メートルまで掘削してあり、今回は約5200メートルまで掘り抜くことを目標としている。8カ国の研究者が参加する国際共同プロジェクトだ。

 南海トラフは駿河湾から日向灘にかけて延びる海溝のような場所。フィリピン海プレートがユーラシアプレー…

この記事は有料記事です。

残り1423文字(全文1759文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです