メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者雇用

県の採用試験、不適切な条件撤廃へ /茨城

 省庁や自治体が障害者を採用する際に「介護者なしで業務遂行が可能」などの不適切な応募資格を設定していた問題で、県の小野寺俊副知事は15日、「次の採用試験で撤廃する方向で検討している」と明らかにした。

 県内の障害者団体からの要望を受けて答えた。2019年度の採用試験は既に始まっており、見直しは、早ければ追加採用からになる。

 この日、県身体障害者福祉団体連合会など県内の障害者団体4団体の代表らが県庁を訪問した。同連合会の荻…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです