メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲九州場所

稀勢の里関休場 「強い横綱 雄姿再び」地元が声援 /茨城

 大相撲の横綱・稀勢の里関が15日、九州場所の休場を決断したのを受け、地元では気遣いとともに、来場所での再起を期待する声が上がった。

 牛久市に住む父親の萩原貞彦さん(72)は4日目の取組を見て、「勝とうという気持ちが強すぎて、上体に力が入り過ぎた。下半身が先に行って、後から上半身がついてくる(本来の)動き方と逆だ」と分析。「来場所は背水の陣。とにかく一生懸命頑張ってもらうしかない」と語った。

 同市の根本洋治市長は「初日の取組からずっと心配していた。横綱のつらさ、悔しさはとても言葉に言い尽く…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  4. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  5. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです