メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公衆無線LAN

「野良ワイファイ」悪用の犯罪対策 アプリで高セキュリティー 訪日外国人に安全アピール /千葉

東京五輪・パラ競技会場周辺の商工関係者

 2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場周辺で、「野良ワイファイ」と呼ばれる非公式の公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」を悪用した犯罪が多発するのではないかという懸念が高まっている。地元の商工関係者などがセキュリティーを高める取り組みに乗り出しており、訪日外国人に安全にワイファイを使えることをアピールし、誘客につなげたい考えだ。【加藤昌平】

 「日本のデータ通信量は非常に多く、東京大会ではリオ大会の数倍規模のサイバー攻撃が懸念されています」…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1123文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです