メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・かお・トーク

裁判員制度、理解深めたい 甲府地家裁所長・細田啓介さん /山梨

細田啓介さん(56)

 --これまでどのような仕事をされてきましたか。

 ◆刑事裁判が長かったですが、1992年から4年間、外交官として米国に赴任しました。日本の経済交渉を担当し、第三者の立場から物事を判断する、裁判官とは異なる経験もしました。特に印象深いのは最高裁事務総局で裁判員裁判の導入に関わったことです。制度は2009年から始まり、今度は裁判長として市民と一緒に事件を裁きました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  2. 愛媛県庁前で男性倒れる 手に拳銃か
  3. 韓国との協議打ち切り 防衛省が最終見解 レーダー照射音公開
  4. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず
  5. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです