メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・かお・トーク

裁判員制度、理解深めたい 甲府地家裁所長・細田啓介さん /山梨

細田啓介さん(56)

 --これまでどのような仕事をされてきましたか。

 ◆刑事裁判が長かったですが、1992年から4年間、外交官として米国に赴任しました。日本の経済交渉を担当し、第三者の立場から物事を判断する、裁判官とは異なる経験もしました。特に印象深いのは最高裁事務総局で裁判員裁判の導入に関わったことです。制度は2009年から始まり、今度は裁判長として市民と一緒に事件を裁きました。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1000文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです