メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

唐古・鍵遺跡

ARで感じる 田原本町教委、アプリ開発中 17、18日イベントで一部体験 /奈良

アプリで表示される唐古・鍵遺跡の大型建物=奈良県田原本町教委提供

 弥生時代の大規模環濠(かんごう)集落として知られる田原本町の「唐古・鍵遺跡」を身近に感じてもらおうと、町教委が拡張現実(AR)でかつての様子などを確認できるアプリの開発を進めている。17、18両日、唐古・鍵遺跡史跡公園で開かれる「弥生のムラまつりin唐古・鍵」でアプリが入ったタブレットを参加者に貸し出し、一部を体験してもらう予定だ。

 史跡公園では、長さ14メートル、幅6メートルの大型建物跡を樹脂製の柱(高さ2メートル)23本で表し…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文465文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  4. 東京都立高入試、過去最低の平均応募倍率 進む二極化
  5. はやぶさ2 「まさか」科学的に意外だったリュウグウの姿

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです