メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東アジアサミット

「南シナ」米中が応酬 日本、対話強調

 【シンガポール小山由宇、武内彩】東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議は15日、ASEAN10カ国に日中米露など8カ国を加えた東アジアサミット(EAS)をシンガポールで開いた。サミットには安倍晋三首相や中国の李克強首相、ペンス米副大統領が出席し、プーチン露大統領は初参加となった。経済や安全保障など幅広い分野で対立する米中は互いの立場を主張。安倍首相にとっては米国側に立ちつつも、関係改善を進める中国への配慮も随所ににじませる「バランス外交」の場となった。

 トランプ大統領の代理のペンス氏だが、先月の対中政策に関する演説では中国の外交政策や政治体制を全面的…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  2. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  3. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  4. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  5. 名古屋城復元 工期遅れ決定的に 有識者会議、解体方法を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです